人もすなる日記といふものを、猫もしてみむとてするなり


by tavie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

続柄について考える

a0136878_19401795.jpg


週に二度ほど、アネの姉の息子、小学6年生になる海君がやってくるのですが。

いったい彼は小生にとってどういう続柄になるのかと、ふと気になって。

それが、小生とアネの続柄について、きっかけとなりましたニャ。

小生が手の平サイズであった幼少のみぎり、路上でアネを拾って、ともに暮らすようになって早9年。

仕事の上ではフリーランスのアネとともに、営業部長という立場で敏腕をふるい、アネは部下、と思ってもいる。

その一方、アネ母には、アネを差して「母ちゃんにごはんをもらいなさい」などと言われ、ではアネは母か、というと、アネ本人は小生に対してもあくまで「アネ」というスタンスであり。

また、小生自身はどう考えておるかというと、愛玩人間かな、という気もする。

つまるところ、結局は、猫と人間には続柄のようなものは一切なく、共存共栄、親しい仲にも礼儀あり、でありつつ、しかし「アネのものはオレのもの、オレのものもオレのもの」であり。

つまり猫は、その家の象徴として、崇め奉られ、大事にされていれば、間違いない、ということでありましょうニャ。
[PR]
by tavie | 2009-07-06 19:49 | 足袋猫日記